スマートフォンが普及したことで、インターネットやホームページの世界は、検索エンジンやパソコンという入口以外に、アプリという入口が出きました。

アパレルショップや求人サイトなども、その募集窓口として自社アプリや求人アプリなどを作り、SNSなどと連携したプロモーションに力を入れている企業も増えてきています。

プラットフォームがパソコンからスマートフォンに変わったことで、当然、インターネットのプラットフォームもホームページからアプリに切り替わっていて、財布に大量に入っていた、いろんなお店のポイントカードも、今ではほとんどのお店や企業がポイントアプリに切り替わってきています。

これは紙やカード型のポイントカードだとどうしても財布がかさばるし、持ってくるのを忘れてポイントが付かなくて損した気分になったり、がっかりした経験のある人もかなり多いと思います。

今ではスマホのケースにSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)といったICカードを入れて、持ち歩く人も増えているので、あらゆる情報が紙からアプリへと電子化が進んでいます。

こういった電子化の波はお店側にもメリットがあり、ポイントカードをチェックしたり、スタンプを押すという作業が全て電子化されることで作業工数も減るので、集客プロモーションやポイントカードでの得点を導入しているお店側には、ポイントアプリを導入するメリットは、実際にコスト面で考えてもかなりあると言えます。

つまり、紙やカード型のポイントカードと比較しても、アプリ型のポイントカードの方が、利用者、お店、企業、すべての人たちにとって便利なものだというのも普及している要因なのです。

そういった世の中の流れによって、アプリ制作を検討している企業やお店はかなり増えています。

そのほとんどがアプリの世界に関しては初心者なので、アプリ制作をするのに、いったいどういった方法があるのか?いくら位でアプリは作れるのか?といった、アプリ制作に関する相場や作り方についてもよくわからないという状況です。

初心者にとっては、アンドロイドアプリ、iphoneアプリの違いもよくわからないので、アンドロイドアプリ、iphoneアプリ両方で見られるアプリを作りたいと考えると思います。

アンドロイドアプリとiphoneアプリはその制作方法や開発言語が全く違うので、これまではアンドロイド、iphoneの両方で見られるアプリを作ることはとてもコストがかかることでした。

しかし最近ではアンドロイド、iphoneどちらでも開けるハイブリットアプリの登場や、アンドロイドアプリ、iphoneアプリの開発言語を知らなくても、初心者でも簡単にアプリ制作が出来るアプリ制作ツールも人気で、アンドロイドアプリとiphoneアプリそれぞれを分けて開発する時代から、一緒に統一環境で開発するのが主流になりつつあるのです。