アプリ制作に使う作業パソコン

スマートフォンがApple社のiphoneの登場から急激に普及し、それと共に一般的になっていったのがアプリの世界です。
世の中のITはWEBとパソコンの世界だったのが、今ではスマホとアプリが中心の人もどんどん増えています。

WEBとパソコンの世界が普及したのもWindows95が世界中で爆発的ヒットをした、1995年なので、そこから2000年前後には2000年問題も話題になりました。
それからスマホが急激に普及したのが2008年だから、ちょうどパソコンが普及して、ホームページを作り始めたり、ITに興味を持ち始めていたような人たちは、そのままスマホやアプリに流れて行った気がします。

スマホの良いところとしては、タッチパネルで気軽なことと携帯電話と一体化しているので、携帯電話とパソコンを使いこなすことに抵抗があったような層にとっては、パソコンでやりたかったことが直感的に出来るということもあり、急激に利用者が増えています。

パソコンが普及してホームページ作りにハマる人が急増したように、スマホが普及したことでアプリ作りにハマる人も増えています。

アプリ制作をこれから始めようという初心者にとって、どういう風にアプリを作ったら良いのか、
まずはその制作方法がよくわからないと思います。スマホにはアンドロイドとiphoneがあるので、アプリもアンドロイドアプリとiphoneアプリがあります。

アプリ制作の方法と言えば、自分でプログラムを学んでアプリ制作をするという方法と、アプリ制作を行ってくれるアプリ制作会社に依頼するという方法があります。
つまり自分でアプリを作るか、依頼するかという大きくは2択となりますが、当然、依頼する場合は料金がかかってしまうので、アプリ制作の相場を比較したくなります。

実はアプリ開発と言っても相場が無いので、作りたいアプリの仕様によって、アプリ制作会社、複数社で見積もりを取ることで、ある程度の相場観が見えてくる感じです。

ただ、最近ではクラウドソーシングで有名なクラウドワークスランサーズといった、直接アプリエンジニアに仕事を依頼出来るサービスも流行っているので、初心者で自分でアプリを作ることが出来ない人でも、簡単に作れる時代になった気がします。

では自分でアプリを作るとなれば、必ず必要になるのが開発言語で、iphoneアプリの開発にはObjective-CやSwiftといった言語が必要で、アンドロイドアプリの開発にはjava言語の知識が必要となります。

しかしなかなかアプリ開発言語を覚えるのは並大抵のことではないので、最近人気のアプリ開発言語の知識が無くてもアプリ制作が出来るアプリ開発ツールが、初心者でも簡単にアプリ制作が作れてオススメです。