作業パソコン

ちょっと前まではインターネットはパソコン、携帯電話でメールというのが、人々の情報ツールだったのが、スマートフォンの急激な普及によって、その世界はスマートフォンとアプリ、SNSの世界になっていったと言っても過言ではありません。

人々の連絡のやり取りは、従来の携帯電話での通話とメールよりも、無料通話アプリに流れていて、コミュニティもインターネット上のSNSをパソコンからではなく、スマホアプリから見ている人が増えているのが現状で、その数は年々増加傾向にあります。

その証拠にスマートフォンの加入者数は増加傾向にありますが、パソコンの売れ行きは年々下がってきているという話もあります。

実際に自分も周りを見回してみても、パソコンでインターネットしか見ていなかった人たちは、今ではスマートフォンでインターネットが見られるので、パソコンを使わなくなっている気がします。

そういった時代の流れもあってか、従来パソコンから見られることを想定して作られていた、会社のホームページやインターネットサービスを、スマートフォン向けにアプリ化しようという流れも出てきています。

ところが、今までのITの世界はWEBやパソコンの世界だったので、パソコンや、インターネットには詳しい人は多くても、アプリやSNSについては初心者という人も多く、アプリ制作をするとなると外注化せざるを得ないという会社がほとんどです。

一番簡単な初心者でもアプリを作れる方法としては、アプリ制作会社にそのまま依頼するのが一番間違いないと思いますが、アプリ制作会社としても、アプリ制作のエンジニアの工数を取られてしまう為、それなりの金額を要求してきますので、金額はかなり高い額を要求されます。

そこで、少しでも安くお願いしたいという目的と、相場を確認する目的で、複数のアプリ制作会社に見積りを取ることで、それぞれの会社の作り方や、金額の妥当性を確認するという方法があります。

アプリ制作会社によっては、アンドロイドアプリのみを対応している会社や、iphoneアプリのみに対応しているという会社もありますが、これはアンドロイドアプリと、iphoneアプリでは開発に必要な開発環境の違いや、開発言語の違いがあるからです。

iphoneアプリの開発ではObjective-Cや最近ではSwiftという言語もあり、iphoneアプリに特化しているアプリ制作会社はObjective-CやSwiftでアプリ制作が出来る、アプリ開発エンジニアが在籍していると考えられます。

一方、アンドロイドアプリの開発にはjava言語でのアプリ開発経験が必要となりますので、java言語でのアンドロイドアプリ開発経験者が在籍しています。

もし、この両方に対応するとなると、Objective-CやSwiftでプログラムを組む事が出来る、アプリ開発エンジニアをjava言語でのアンドロイドアプリ開発経験者両方を雇う必要があり、その両方の言語を使いこなせるエンジニアはかなり少ないので、アプリ制作会社のほとんどは、アンドロイドアプリのみ、iphoneアプリのみという会社が多いのが実態としてあります。

しかし最近ではアプリ制作用のASPツールが普及してきているので、アプリ開発用のObjective-CやSwift、javaといった言語がわからなくても、アプリが作れる時代が来たと言えます。

実際に、こういったアプリ制作用のASPツールを利用して、アプリ開発の初心者が、続々スマートフォンアプリを開発していて、中にはアプリ制作用のASPツールで作ったアプリで、人気アプリや有名アプリも増えてきていますので、アプリ制作会社に依頼しなくても、アプリ制作用のASPツールを利用してアプリ開発をするという選択肢も出てきました。
パソコン作業中

では、アプリ制作会社に依頼してアプリ制作をする場合と、アプリ制作用のASPツールを利用してアプリ制作をする場合ではどういった違いがあるのか?

その違いを比較してみたいと思います。

最初に費用面ですが、アプリ制作会社に依頼してアプリ制作をする場合、例えば1ヶ月の制作期間を要するアプリの場合、単純にアプリ制作会社のアプリ制作エンジニアの給与分のコストが費用として掛かります。

そこに会社側の利益も乗ってきますので、仮にアプリ制作エンジニアの給与を、相場の平均で出ている1千万円と仮定すると、月給は83万円になりますので、アプリ制作費は1ヶ月位の期間で完成するアプリで、100万以上というのが予測出来ます。

一方、アプリ制作用のASPツールを利用してアプリ制作をした場合、会社によっては初期費用も月額料金も全て無料のASPツールもありますので、その場合、アプリ制作費用は0円ということになります。

中には初期費用は無料で月額料金がかかるASPツールもありますが、月額料金がかかるASPツールの方が全て無料のアプリ制作ASPツールより優れているのか?

というとそういう訳ではなく、作りたいアプリの利用目的など、それぞれのアプリ制作ASPツールを比較したうえで決めている場合がほとんどのようです。

出来上がりのクオリティで比較してみても、アプリ制作会社に依頼して作られるアプリと、ASPツールを利用して作られたアプリを比較してもクオリティの違いはほとんどなく、最近では大手アパレルメーカーや、有名なアプリゲームも、ASPツールで作られたことで知られています。